ホームページ制作の流れ

テーマ設定とイメージを基にしたラフ制作

まず、そのサイトで実現したいことをはっきりとさせます。『会社の実績をギャラリー形式でまとめたい』『アンケートフォームを設置して顧客からの意見や要望を収集したい』『ひとまずコーポレートサイトとしての体裁を整えたい』など、ホームページに求められるものはその都度違いますので、必要な機能や盛り込みたい要素はしっかりと確認しておきましょう。テーマカラーやホームページ制作のレギュレーションが存在するかどうかもチェックしておいてください。 そしてそれらの確認事項を基に、Photoshopなどで画像ラフを制作します。大体の場合1回のホームページ制作で1または2案を提出することになると思います。ユーザビリティも考慮に入れ、操作しやすいレイアウトを意識しましょう。この段階ではまだクライアントからもらえる資料や画像はあまりないケースが多いので、ラフにはダミーテキストやダミーとわかるようなイメージ素材を入れておくことが多いです。

 

ラフからのデザイン確定、コーディング、テスト

ラフをクライアントに提出しておおまかなデザインが決まったら、クライアントから提供された素材をラフに当てはめて、正式なデザインを制作します。これをクライアントに提出し、OKが出たら、いよいよコーディングに入ります。 トップページは独立したレイアウト、第二階層以下のページは基本となるレイアウトはほぼ共通しているケースが多いので、私の場合はまず第二階層以下のベースになるHTML、CSS、JavaScriptを作り、その複製から各ページを制作することがほとんどです。Dreamweaverでテンプレートを作る場合もあります。トップページは第二階層以降のページが全て完成してから、最後に制作することが多いです。フォーム等PHPが必要な場合は、この後該当HTMLページをプログラム化します。 全て完成したらテストサーバーに制作データをアップロードし、動作確認を行います。内部でのチェックの後、代理店やクライアントのチェックも行い、全てOKが出たら本番化して制作は完了です。